· 

平成最後に別注で作製した貼箱は千代紙を使った手加工の小箱でした

5月1日に平成から令和への改元が行われ、
新しい時代が始まりました。

こちらは平成の最後に別注で作製した、
貼箱2種類の事例になります。

千代紙を使った手のひらサイズの貼箱を別注にて作製しました
仕様①の千代紙を使用した貼箱の作製事例

小売店より自社企画商品のパッケージングを
昨今、海外から日本に来られるインバンド客向けに
刷新したいとのお問合せがありました。

これまで既製品を活用されておられたものを、
日本らしさのある貼箱にお仕立てすることになり、
商品を使い終わっても少しの間は捨てられないように
小物入れのように他用途にも活用できるのが特徴です。

千代紙を貼り紙にした手のひらサイズの貼箱を手加工にて作製しました
仕様②の千代紙を使った貼箱の作製事例

蓋には千代紙、下箱には民芸紙を手加工で貼り込み、
ツートンカラーのかぶせ型の貼箱を別注にて作製。
両方とも手のひらに乗る程度の大きさの小箱です。

商品のイメージに合わせて、千代紙の柄や色、民芸紙の色を
選定するのに少し時間がかかりましたが、遣り甲斐のある案件でした。

紙製品の貼箱作製を通じた、商品の高級感を演出する、
御社のブランディングに是非ともご活用ください。

▼「千代紙を使った貼箱の作製」の詳細は以下の通りです。

【使用の千代紙、和紙について】
蓋:手染めの千代紙、京都産
身(下箱):民芸紙、機械漉き、日本製

【貼箱の仕様について】
①下箱の内寸:縦80×横52×高さ24ミリ、蓋の深さ20ミリ
②下箱の内寸:縦45×横45×高さ40ミリ、蓋の深さ35ミリ
(※蓋の合口の固さは下箱に合わせて調整しています。)

【印刷や加工について】
千代紙や民芸紙の手加工による貼り込み、隅切り、罫線入れ、断裁など

【作製箱数について】
①5柄×各100箱ずつ、合計500箱
②1柄×100箱

【作製の納期について】
使用する千代紙の色や柄、作製箱数など仕様を決定し、
受注後、納品まで約15日程度を想定しています。

【作製代金について】
貼り紙の選定、作製箱数、加工の有無など
作製する貼箱の仕様により作製代金は変動します。
※現在、お考えの内容を出来るだけ詳しく入力して、
お問い合わせページからご気軽にお問い合わせください。

【その他】
・千代紙の柄や色のほかにも、和紙や小間紙など多種多様なラインナップがございます。
ご希望の柄や色がございましたら、お問合せフォームよりできるだけ詳しくお知らせください。

・千代紙の色や柄は少し異なりますが、仕様②の貼箱を
こちらの【千代紙と鳥の子紙を貼り紙に使用した小箱の貼箱】で購入が可能です。

・貼箱の形状は、上記のように上下に分かれる「かぶせ型」のほか、
かぶせ型に底板が付いた「デコ型」、辞書のような形状の「ブック型」、
観音開き、外側の段差が無い「印籠型」などがございます。

・お好み千代紙の柄や色で貼箱を別注で作製可能です。
1柄で100箱以上100箱単位で受注を承っています。
貼箱の大きさや深さ、形状、貼り紙などの受注条件にもよりますが、
3000箱~5000箱以上の受注の場合は機械貼りの対応が可能です。

・貼箱にロゴマーク、文字などを箔押し加工して、
オリジナリティーを演出することも可能です。

・事前確認用のデータ(.pdfや.jpgなど)をお持ちでしたら、
hirokawate ※ gmai.com に直接送信ください。
(※を@に変更ください。)

・その他にも別注の和紙や紙製品作り、OEMの支援も承っています。
ご気軽にお問合せください。

finepaper.jp 河手

※「貼箱の作製」に関連するブログの記事はこちらです。
[⇒]千代紙を使った手のひらサイズの貼箱の小箱
[⇒]別注の手加工で作る和紙の貼箱

※商品や商品、特注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など
お問合せページまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

※finepaper.jpへの個別連絡用メールアドレスです。
hirokawate(※)gmail.com (※)を@に変えて送信ください。
出来るだけ内容を詳しくお知らせいただければ幸いです。

finepaper.jpのトップページに移動します。